トイレットペーパーの歴史や世界の使用状況を調べると由来や歴史が意外と面白い。


トイレットペーパーの歴史です

トイレットペーパーの歴史を調べてみると色々なことが分かりました。

〇昔は木でおしりを拭いていた?

〇汲み取り式トイレ時代は白ちり紙を使用していた。

〇世界では水で流したりトウモロコシの芯で拭いたりと色々な拭き方がある。

トイレットペーパー歴史を調べてみました。

トイレットペーパー

普段当たり前のように使用しているトイレットペーパーの歴史を調べてみました。意外と歴史は浅く今のトイレットロールの形になり広まったのは昭和時代からです。それまでのトイレットペーパーは白ちり紙を使用していました。そもそも白ちり紙を使う前は木の棒やトウモロコシの芯を使用していたというから驚きです。

日本のトイレットペーパー誕生以前

縄文時代は貝殻や陶器の破片・直接手で拭くか植物の葉や海藻を使用している時代もありました。また「ちゅうぎ」と呼ばれる木のへらが使われることもあります。ウィキペディアにはこんな記述があります。

日本では、明治中期頃より、古紙が原料の塵紙とパルプが原料の落とし紙や京花紙などが主に用いられていた[要出典]。また、明治時代末からは巻き取り型のトイレットペーパーも使われ始めたが、当時は舶来品が占めていた[9]。それでも、そういった変化は都市部での話で、農村部では、大正時代の頃まで木の葉や藁のほか、古来の籌木が用いられ続けていた[2]

トイレットペーパー代わりのちゅうぎと呼ばれる木のへらです

参考:ウィキペディア

木のへら「ちゅうぎ」ですが、戦国時代の上流階級の方は「ちゅうぎ」を使用しなくなっていたそうです。

トイレットペーパーに慣れた我々としては少し驚きの拭き方です。木のへらでトイレットペーパー代わりにすると痛かったり、しっかり拭けるのか疑問が残ります。

世界のトイレットペーパー事情

インドや中東では左手で直接処理しきれいに手を洗う方法が一般的のようで左手を「不浄の手」と言い食事では左手を一切使わず右手のみで食べているようです。昔のアメリカではトウモロコシの芯を使用して後処理をしていました。

現在でも水で後処理をする国、トイレットペーパーを使用する国など地域によってトイレットペーパーを使用している国としていない国があるようです。日本の技術であるウォシュレットは「水+トイレットペーパー」なので最強の処理方法のような気がします。私もウオシュレットは必ず使います。

しかしながら、世界的に見てもトイレットペーパーは世界人口の半分くらいしか使っていないとのことです。

トイレットペーパーの誕生

アメリカで1850年代にトイレットペーパーが開発されました。当時は新聞やチラシなどで代用されることが多かったようです。

日本には明治維新とともに洋館やホテルにトイレットペーパーが備え付けられましたが、当時はトイレットペーパーは輸入に頼っていたそうです。50~60年前まではいわゆるボットン便所が多く白ちり紙が主流でした。汲み取り式便所でスマホ落としたら大変だろうなあ。こちらの白ちり紙は現在でもペットショップや施設などで需要があり浜田紙業でも販売しています。

水洗式のトイレが増えるにつれ今のトイレットロールがメジャーになっていきました。

現代のトイレットペーパー事情

日本には高級・市販・業務用トイレットペーパーなど様々な種類のトイレットペーパーがあります。

白檀の香りトイレットペーパーの通販です

高級トイレット四国特紙

こちらは四国特紙(ネピアと合併吸収)のトイレットペーパーです。香りが非常に強くトイレに芳香剤を置く必要がないくらいです。お客様から注文・問い合わせ頂ける商品でございます。白檀の香りトイレットペーパーが圧倒的一番人気です。その他にも「白檀の香り・和墨の香り・ヒノキの香り・シルティロマン」など多種多様な高級トイレットペーパーを用意しています。

ネピアトイレット

市販品であるネピアやエルモアのトイレットペーパーやおしりセレブなど高級トイレットペーパも浜田紙業では取り扱っています。ノベルティや業務用・カラートイレットなど多種多様なトイレットペーパーを扱っておりますのでお気軽にお問い合わせください!

防災用トイレットペーパームダノンです

こちらはシュリンク包装のトイレットペーパーになります。防災意識が高まる昨今ナイロンシュリンク包装トイレットペーパーが人気になっています。シュリンク包装の詳細はこちらです。防災用トイレットペーパーの詳細はこちらです。

防災用トイレットペーパーにはシュリンク包装してある長巻ムダノン1個巻が備蓄に使える

コロナ禍におけるトイレットペーパー需要について

コロナ禍においてトイレットペーパーの需要が変わってきました。よりコンパクトに取り換えの手間が省ける長尺タイプのトイレットペーパーが人気です。コロナ禍で家庭でも長巻トイレットペーパーが人気になっています。

また、昨今のSDGs持続可能な開発目標の中で脱プラの影響で紙包装パッケージのトイレットペーパーがネピアより発売されています。

ネピアecoトイレットロールは紙包装です

こちらのトイレットペーパーですが青い部分が全て紙となっており、環境に優しいパッケージになります。紙パッケージのネピアエコトイレットロールの詳細はこちらをご確認ください。

ネピアのネピecoトイレットロールは紙のパッケージ包装でSDGs目標達成に沿った環境に配慮したトイレットペーパーです。

トイレットペーパーは粗品で人気?

トイレットペーパーやティッシュは誰しもが使用するものなので粗品で非常に人気です。

高級ティッシュギフトの詰め合わせです

特にこのトイレットペーパーティッシュセットは高級保湿商品のみなのでプレゼントすると喜ばれます。

技術開発のおかげでいろいろな商品が出ているのですね。

高級ティッシュギフトは至極至高クリネックスと保湿トイレットペーパーの詰め合わせです。粗品販売店はこちら

まとめ

トイレットペーパーは昭和に入ってから各家庭に普及したことがわかりました。また、トイレットペーパーの代わりとして木の棒やトウモロコシの芯などを使っており水洗トイレの普及とともにトイレットペーパー紙が増えていったのですね。

浜田紙業(株)では紙問屋でティッシュやトイレットペーパーなどの紙製品のトリビアや歴史を記載しています。

ティッシュの歴史はこちらです。

その他紙のトリビアはこちらです!

紙のトリビア集です