ティッシュやトイレットペーパーなど紙の消費,使用期限や寿命はあるのか調べてみた


普段何気なく使っているティッシュやトイレットなどの紙製品ですが消費期限があるのか調べてみました。

〇使用期限は設定していない

〇酸性紙⇒中性紙に変化した

〇湿気や直射日光に弱い

ことが分かりました。

紙に消費期限はあるのか調べてみた。

早速調べてみると弊社がいつもお世話になっている王子ネピア(株)のHPにこのような記述が

使用期限は設けていません。紙は化学変化が小さいため、日数が経過しても問題なく使用できます。ただし、埃、湿気が少なく、直射日光が当たらない場所に保管してください。

☆王子ネピア(株)より引用 URLはこちらです

メーカーは使用期限を設けていないことが分かります。それでは実際に何年持つのか調べてみると和紙は1000年洋紙は100年という記述が多く見られます。洋紙が100年和紙は1000年。驚きの結果です。

なんでそんなに持つのか?紙は中性紙です。

もともと酸性紙が主流でしたが劣化が早く、中性紙が20世紀半ばから登場しました。

酸性紙、中性紙とは

酸性紙について調べてみたらウィキペディアには

硫酸アルミニウムの持つ硫酸イオンは空気中の水分と反応して紙の中で硫酸を生じ、紙を酸性にする。この硫酸は紙の繊維であるセルロースを徐々に加水分解する作用を持ち、経年変化で次第に紙を劣化させる。酸性紙は前述のようにセルロースの劣化が起こりやすいため、製造から50年から100年程経過した紙は崩れてしまう。この問題は本を大量に収集し、長期間保管する使命を持つ図書館で特に問題視され、早くから酸性紙を使用していた分だけ欧米では深刻であり、1970年代頃からアメリカやヨーロッパ諸国を中心に「酸性紙問題」として社会問題となった。

☆ウィキペディアより引用  URLはこちら

つまり紙の製造工程で酸性の紙となり、50年から100年で劣化してしまうのが酸性紙ということなのですね。図書館に貯蔵されていた紙が劣化することは確かに良くないですね。そこで誕生したのが中性紙です。

中性紙にしたことで紙の劣化を防ぐことに成功しました。

ティッシュやトイレットペーパーは?

ティッシュやトイレットペーパーは中性紙を使用しています。使用期限はないのか気になるところですが特に設けているような記述は見当たりません。

そもそもティッシュやトイレットを含めた紙は化学変化がおきにくい商材であるので保存方法さえ間違えなければ使用に問題はなさそうです。

しかしながら紙は直射日光や湿気に非常に弱い商品です。夏の暑い日にティッシュを車内に置きっぱなしにしていると劣化している様子が分かります。紙もふやけたり変色したりすることがあるので保管は直射日光や湿気がないところをお勧めします。

和紙は1000年?

和紙ですが1000年以上の寿命があると言われています。原料であるミツマタ,コウゾが洋紙よりも繊維が太くしっかり絡み合っているので耐久性が高いのです。700年代に作られた戸籍記録の和紙がいまだに保存されています。

1000年というと気が遠くなるような数字ですが、後世に物事を伝える際に紙は必須の媒体だったわけです

まとめ

〇使用期限は設定していない

〇酸性紙⇒中性紙に変化した

〇湿気や直射日光に弱い

上記のことが分かりました。今後もこの記事については調べて追記していきます。