トイレットペーパーのシングルとダブルの違いは?なぜ?どちらが節約?比較してみた


先日トイレットペーパーを購入する際のこだわり重視するポイントは?という女性に聞いたアンケート調査で1位だったのが「ダブル」であるという結果がヤフーニュースに載っていました。

ネピア法人用トイレットペーパーです

そこでトイレットペーパーのシングルダブルの違いやどちらがお得なの?と気になったので調べてみました。

トイレットペーパーシングルダブル違いについて

そもそもトイレットペーパーの原点はアメリカからの輸入です。もともとはちり紙を使っていました。過去にトイレットペーパーの歴史について記事を書いているのでご覧ください。トイレットペーパーの歴史や世界の使用状況は意外と面白い

トイレットペーパーダブルの製造について

アメリカからきたトイレットペーパーはシングルでした。シングルを日本でも製造していたのですがダブルも登場します。紙には表裏があり表面はつるつるしており裏面はザラザラしています。ダブルは裏面のザラザラしている2枚を貼り合わせているため表面つまり肌と触れ合う拭き取る部分はツルツルしているのです。そしてダブルは紙と紙の間に空気の層ができます。よってトイレットペーパーのダブルはあの柔らかいソフトな肌触りを演出できているのですね。

トイレットペーパー製造元製紙メーカーにきいてみた

ちなみにですが弊社の取引製紙メーカーに聞いたところトイレットペーパーのシングルよりもダブルの方が製造コストがかからず儲かるというのです。シングルの方が巻き数が長いのでコストがかかっていると思っていたので意外な答えです。

ダブルの方が張り合わせの関係でコストがかかりそうですが製紙メーカーからはダブルは巻き上げ数もシングルよりも短いことと紙の乾燥時間も短いのです。また、ダブルは薄い紙も2枚張り合わせているのに対してシングルは厚い紙で製造しています。ダブルは薄い紙2枚の間に空気も入るのでソフトになるのです。製造コストの話を聞いたときにダブルの仕入れ値下げてくださいよと思わず言いそうになりましたが、実際のところシングルもダブルも仕入れ値は同じです。そして小売店での販売価格もシングルとダブルそれぞれ同じなのです。販売価格は同じでも製造コストはダブルの方がかからないとは驚きの結果ですね。ですので同じ品名のトイレットペーパーでもシングルは55mでダブルは30mという商品がたまにありますこれはシングルはコストがかかるのでダブルの倍ではなく55mという長さになっているのです。紙問屋として疑問だったことが一つ解決しました。

じゃダブルだけ製造すればいいのでは?と思うかもしれませんがシングルはすでに日本に浸透しています。

トイレットペーパーシングルとダブルの需要について

弊社浜田紙業でも特に法人に販売しているトイレットペーパーはほとんどがシングルです。法人向けで業務用トイレットペーパーはほぼほぼシングルです。それはなぜか?節約できるからです。ダブルに比べてシングルは1,6倍お得とのデータがありました。WEBで検索してもほとんどの記事でシングルが間違いなくお得と記述してあります。

シングルとダブルについては地域差もあります。節約志向の強い関西ではシングルを使う方が多く、肌触りを求める関東ではダブルのトイレットペーパーを使う方の割合が多いです。日本全体でみるとダブルを使う割合が高いようです。我が家ではトイレットペーパーはシングルなのですが子どもがたくさん使ってしまうのでダブルだとすぐになくなってしまいます。子育て世代ではシングルを使うことも一つの節約になりそうです。

公共施設は?

学校や公園のトイレットペーパーはシングルです。浜田紙業では石川県や金沢市内の公共施設にトイレットペーパーを納品しているのですが100%シングルです。市や県から入札のための仕様書が届くのですが必ずシングルです。そもそもダブルの仕様書というのは見たことがないような気がしますね。なぜか?それはもちろん節約という側面もあるのですが、交換の手間を省くという理由もあるのです。交換の手間を省くことによってそこで働く人の負担や経費を削減することができます。90m巻の再生紙を要望されることが多いのは節約並びに交換の手間を省くためなのですね。ちなみに皆さんが公共施設のトイレを使うときにダブルもしくは再生紙ではなくパルプ100%のトイレットペーパーだった場合はそこの市町村は潤っていると考えていいと思います。おそらくそのようなダブルやパルプ100%のトイレットペーパーを使っているところはないと思いますが。

トイレットペーパーシングルダブルで表裏に違いが?

トイレットペーパーの表です

トイレットペーパーの裏です

トイレットペーパーの表と裏で違いがあるのを御存じでしょうか?

表面は凹んでいて裏面は凸状になっています。これはエンボス加工という加工がしてありソフトな肌触りや吸水性アップのための加工です。またシングルとダブルで表面裏面に違いがあります。詳細は下記のバナーをクリックしてください。

トイレットペーパーには表と裏がある?シングルとダブルで違うのはなぜか検証してみた

お得なトイレットペーパーは?

カプレットトイレットペーパーです

私がおススメするお得なトイレットペーパーは河村製紙さんのカプレットシングルトイレットペーパーです。こちらのトイレットペーパーは巻き数が100mで12ロールのトイレットペーパです。再生紙なのですがミシン目、エンボス加工がしてありなおかつ小売店でも販売していて他の業務用に比べて厚みがありソフトです。こちらから購入も可能です。浜田紙業の販売ページへ移動します。

トイレットペーパーシングル防災用

このような250mのトイレットペーパーもあります。このトイレットペーパーは防災用でなんと4人家族で約1週間分使えると言われています。男性2名女性2名が1日32m使用したと計算しています。

そもそもトイレットペーパーの使用量はどのくらい?

一般社団法人日本トイレ協会という団体があります。そちらでの調査結果を引用させて頂きます。

◆調査結果

①1回のトイレでのトイレットペーパー平均使用量は 男性3.15m、女性3.52m(小は1.45m)

男性が1回のトイレ(大便)で使うトイレットペーパーの長さは平均3.15m、女性の大便では平均3.52m、小便では平均1.45m。
男女ともに、1回のトイレ(大便)で使うトイレットペーパーの長さは3mを超えるという結果でした。

引用元:一般社団法人日本トイレ協会 引用元URLはこちらです。

今回はシングルトイレットペーパーでの実験です。なんと一回のトイレ(大便)で3m以上を超える結果でした。3mってどれくらいか実際にトイレットペーパーを直線にしてみました。

トイレットペーパー一回の使用量です

かなり長いですね。こんなに使っているのか?と少し驚きました。シングルトイレットペーパーは大体50~60mですので男性一人で1日1回使うとしたら17日~20日くらいで1ロールなくなるといったところでしょうか。もちろん1日2回使うときもあれば便のキレ、ウオシュレット有り無しでも変わってくると思います。

まとめ

トイレットペーパーシングルの方が製造コストがかかるとは意外でした。ダブルは紙のザラザラしている部分を貼り合わせることによってツルツルした状態を出していたのですね。今後もトイレットペーパーを含めた紙のトリビアを記述して皆さんのなぜ?を追求していきます。

その他にも石川県金沢市にある紙問屋浜田紙業のHPでは紙のトリビア集を記述しています。良かったらご覧ください。

その他紙のトリビアはこちらです!

紙のトリビア集です