ネピアのネピecoトイレットロールは紙のパッケージ包装でSDGs目標達成に沿っています


浜田紙業(株)はネピアの正規代理店なのですが本日メーカーさんがパッケージも紙になっているトイレットペーパーを持ってきてくれました。紙パッケージのトイレットペーパーです。

ネピアecoトイレットロールは紙包装です

実際に触ってみたのですが本当に紙なのです。パッケージは青がベースになっています。青色のパッケージも印象に残りますね。今までフィルムのパッケージに慣れていたので驚きと共に新たな時代に進んでいるなという気がします。パッケージには破れやすいので優しく持ってねて書いてありますね。つまり間違いなく紙なのです。

紙パッケージネピアネピecoトイレットペーパーとは

コロナ禍の影響で長尺タイプのトイレットペーパーの需要が増えたと以前ブログ記事を書きました。こちらのネピecoトイレットペーパーはダブル2倍巻き50mになっています。当時の記事はこちらです。

コロナ禍で家庭用トイレットペーパーの需要が増え日本製紙がロングトイレットのみの販売を開始します

また、今後世界的に持続可能な社会を目指しておりネピecoトイレットペーパーは長巻に加えてフィルム包装が一般的でしたがパッケージが紙になっています。下の写真はトイレットペーパーの底です。

ネピアトイレットロールは紙パッケージです

紙のためトイレットペーパーの底は紙袋のようなつくりになっています。そっと開こうとすると糊付けされておりフィルムとの違いを感じることができます。

ネピアネピecoトイレットペーパーの特徴は

紙パッケージのネピアトイレットペーパーです

50m巻ダブルで紙のパッケージだけでなく4ロールのトイレットペーパーになっています。4ロールのため片手で持つことが可能です。紙なのでパッケージが破れないように優しく持ちました。トイレットペーパーフレッシュパルプ100%のためソフトなロールです。長巻トイレットペーパーのため交換の手間が省け、4ロールになっているので嵩張ることなくコンパクトに収納ができそうです。粗品でお渡ししてもよさそうですね。

ネピアネピecoトイレットペーパーのパッケージが紙です

実際に商品を見た感想

普段はフィルムのトイレットペーパーを見ているので紙パッケージのトイレットはインパクトがありました。また、パッケージが青々としていて今までのトイレットペーパーパッケージの概念が変わりました。実際にパッケージに触れると紙なのですが不思議です。フィルム外装ではないトイレットペーパーなので未来の商品に出会ったような気分になっています。

家庭で使用するのも良いと思うのですが、この感動を色々な人に効果的に味わってもらうには企業のイベントや日頃からお世話になっている人に粗品としてプレゼントすると印象にも残って縁が深まるような気がしました。

縁が深まり地球にやさしいトイレットペーパーだと思います。(個人的な感想です)

ネピアネピecoトイレットペーパーの販売について

現在は増産体制が整っていないためネピアの直販店での販売になっています。今後代理店でも扱えるようになったら販売していきたいと思います。

このトイレットペーパーは普段使いはもちろんですが粗品や景品で渡すと印象にも残りますしお客様も喜んでくれそうな気がします。青色のパッケージも印象に残るので面白そうです。

浜田紙業の会社概要はこちらです

会社HPはこちらです(メーカー直送、大量注文に対応します)

通販サイトはこちらです(個人様向け商品や法人さま大量注文サイトです。クレジット、アマゾン、楽天など多様な決済方法に対応しています)