家庭紙とはティッシュやトイレットペーパー紙オムツなど家庭で使用する衛生用紙の総称です

家庭紙(かていし)とは

家庭紙という言葉を聞いたことがありますか?

家庭紙とはティッシュやトイレットペーパー、ペーパータオルキッチンペーパーなど一般家庭で使用する紙製品の事を示します。弊社の仕入れ先でもある王子HDのホームページに下記の記載があります。

生活に欠かせないティシュ・トイレットロール・キッチンタオル・ウエットティシュ・マスクなどを取り扱っています。

王子ホールディングスHPより引用

引用元URL:https://www.ojiholdings.co.jp/product/household_paper.html

 

紙は大きく分けると

・家庭紙(ティッシュやトイレットペーパー)

・印刷用紙関係(新聞紙・チラシ紙など)

・産業資材(段ボール・包装用紙など)

・機能紙(送り状のシールなど)

このような形で分類されます。

紙といっても日常生活のありとあらゆるところで使用されており多岐の分野があります。

今回はその中で日常生活で欠かせない家庭紙について記述していきます。

家庭紙(かていし)の読み方

家庭紙ですが「かていし」と読みます。

我々製紙業界では一般名称なのですが、なかなか馴染みのない単語なので「家庭紙 読み方」で検索する人もいるようです。

家庭紙に分類される商品一覧

家庭紙一覧

写真のとおり家庭紙に分類される商品一覧です。

ティッシュ

トイレットペーパー

ペーパータオル

キッチンペーパー

ポケットティッシュ

紙おむつ

マスク

が挙げられます。基本的にドラックストアやホームセンターなど小売店に売っており生活に欠かせない紙製品の事をまとめて家庭紙と言います。

これらの商品は小売店であればどこにでもあるので安定供給が求められている商品になります。

家庭紙の需要の推移について

ペーパーレス等で印刷用紙の需要は落ち込んでいるのですが

家庭紙は10年前から横ばいのような微増が続いています。

微増の理由は、インバウンド等が挙げられます。

ユーザーの生活に密着している商品なので、景気に左右されにくい商材といえます。

しかしながら日本は人口減が始まっているので海外など販路の拡大が必要とされています。

家庭紙の製紙メーカーは?

大手では

王子ネピア、カミ商事、大王製紙、日本製紙が国内のシェアが非常に大きいです。

その他、中小メーカーも多数あります。

静岡県、岐阜県、愛媛県には古くから紙の産地として知られており大小多数の製紙メーカーが所在しています。

家庭紙の歴史について

過去に家庭紙についての歴史を記載しています。

下記をご覧ください。

ティッシュ

ティッシュペーパーの歴史や由来は戦争のガスマスク用フィルターに開発されたのがきっかけです。

トイレットペーパー

トイレットペーパーの歴史や世界の使用状況を調べると由来や歴史が意外と面白い。

ペーパータオル

ペーパータオルの歴史はアメリカの在留米軍が昭和30年ごろに手拭きとして使用しその後国内製造が始まりました。