ティッシュを1枚ずつ取り出したい時は箱の上から指で押し込む方法がおススメです!


ティッシュ取り出しの解決方法です

ティッシュを1枚ずつ取りたい

新しいティッシュの箱を開け1枚目を取るときに2~3枚まとめて取れてしまうことはないでしょうか。写真のように取りたくもないのに取れてしまうティッシュたち。この方法をなんとか改善できないかと思い、解決方法を実験してみました。

なぜティッシュが複数枚取れてしまうのか?

ティッシュが沢山とれる

新しいティッシュはなぜか沢山取れてしまいます。そんなときに限って使うティッシュは1枚で十分なので損した気分に。箱に戻すのも手間がかかるというかそもそも戻せないのでそのまま使ってしまっています。それほど不便ではないものの解決したい問題でもあります。

箱からティッシュが取れる

実は新品のティッシュは箱に目いっぱいぎゅうぎゅう詰めになっています。ぎゅうぎゅう詰めのため一枚取ろうとすると何枚も取れてしまっているのです。使っている途中のティッシュで複数枚取れるということは少ないのではないでしょうか。そこで解決方法を発見しました!簡単です!

解決方法はこちらです

箱ティッシュで一枚ずつ取ります

同じティッシュの色違いの箱で再度実験です。今度こそは1枚ずつ取り出したい。まずは箱を空けます。

ここで大事なポイントがあります!開けたらここでひと手間です。下の写真のようにティッシュを押し込みます。

ティッシュボックスを押し込みます

ネピアティッシュを押し込みます

1か所ではなく全体を押し込むようにします。押し込むことによって箱とティッシュの間に空間ができます。先ほども記述したのですが新品のティッシュは箱の中でぎゅうぎゅう詰めになっています。ぎゅうぎゅう詰めの状態では複数枚取れてしまうのですね。押し込むことによって

ティッシュが一枚ずつ取れました

一枚ずつ取れるのですね。今回実験で使用したティッシュは150W300枚の比較的コンパクトで内容量が少ないティッシュペーパーです。家庭で人気の200W400枚のティッシュの場合は、箱に詰まっており開けた時にかなりの確率で複数枚取れてしまいます。

なぜティッシュがぎゅうぎゅう詰めなのか。

ここで一つ疑問が。それほどまでにぎゅうぎゅう詰めにする必要があるのか?ということです。

ここからは私の仮説です。ティッシュは嵩張り配送コストがかかる商品です。また、利益率の低い商品なのでギリギリまでトラックに積載できるよう隙間なく積み込まれています。なのでできる限り箱やケースをコンパクトにして箱の中にティッシュを入れる必要があるのではないかと思います。

下記の写真は浜田紙業(株)に工場から積み込まれたティッシュが納品されている様子です。

ティッシュがトラックに積まれています

ティッシュが隙間なく入ります

見ての通り隙間なく積み込まれます。ティッシュはパレット積載でもないのです。パレットにすれば荷下ろしも簡単なのですが、パレットをトラックに入れるとその分、スペースが勿体ないのです。そのため手で1ケースずつ下ろしていきます。

ティッシュを一箱ずつ配送します

運転手さんと浜田紙業(株)の社員で大型トラックに入ったティッシュを下ろします。弊社では必ず運転手さんと一緒にティッシュの搬入を行なっています。みんなでティッシュを下ろすのに30~40分程度かかります。夏はかなり暑いです。手前のティッシュは良いのですが奥になると箱を移動したりとなかなか大変な作業です。

運転手さんの話によると一人で下ろすと2~3時間かかることがあるという話を聞いたことがあります。身近なティッシュはこのような形で納品されるのです。

ティッシュが大量に倉庫に入りました

大量のティシュを保管します

まとめ

今回はなぜ新しいティッシュが複数枚取れてしまうのか。について実験しました。

新しいティッシュはぎゅうぎゅう詰めに入っています。隙間なくティッシュが入っているため、複数枚取れるのですね。

解決方法はティッシュのビニール部分から指で押し込み、箱とティッシュの間にスペースを作ることが大切なポイントです!

なぜぎゅうぎゅう詰めに入っているのかというとティッシュは嵩張ばり配送コストもかかるのですが利益率の低い商品です。ですので各製紙メーカーは生産性・配送効率を上げるために箱にギリギリまでティッシュを詰め込むようにしています。

ティッシュボックスを押し込みます

1枚目のティッシュを取るときは箱を空けてティッシュと箱の間に空間を空けるために指で全体を押し込むのが良いでしょう。

その他紙のトリビアはこちらです!

紙のトリビア集です