ティッシュはなぜ5箱で売られているのか調べてみたら意外な理由がありました


ティッシュってなぜ5箱1セットなの?

トイレットペーパーは12Rや4Rなどバリエーションがあるのにティッシュはなぜ5個セットが主流なのだろうか?小売店で売っているティッシュは一部の高級ティッシュを除いて5個セットが主流です。

気になったので調べたところ

〇女性の身長に合わせて5箱になった

〇昔は5箱をひもで縛ったり、袋に入れていた?

〇3個ティッシュもあります

とありました。下記にその理由について記述します。

ボックスティッシュはなぜ5箱で売られているのか

普段何気なく購入しているティッシュですがなぜ5箱1セットなのでしょうか。気になったので調べてみるとお客様目線で考えられた理由がありました。

5箱以上だと地面についてしまう

当時のティッシュですが今のティッシュに比べて高さがありました。最近のティッシュはよりコンパクトになり150W5pが主流です。当時のティッシュは箱の高さの関係で女性が持ち運ぶ際に5箱以上だとティッシュが地面についてしまいました。ですのでインターネット販売もなかった当時は嵩張るティッシュを持ち運ぶ際に地面に着くと不便だったため5箱になりました。当時のティッシュは今のティッシュに比べて5箱で10cm~20cm高かったのです。下の写真のように今では箱も薄くなり地面につくことはありません。

ネピアティッシュはコンパクトです

写真を見てわかるように今のティッシュは非常にコンパクトです。現在ではケースは非常にコンパクトになっています。理由としてはメーカーの技術の進歩、また最近では配送業者がティッシュケースを運びやすいようにコンパクトになったと言われています。ティッシュは配送の際にかさばる商品のため運送会社からは敬遠されがちです。また利益率の低い商材のためなるべくトラックに載せるためにコンパクトになったのです。

鼻セレブは3箱です

鼻セレブティッシュですが3箱ですね。鼻セレブティッシュは箱の高さが普通のティッシュの倍以上あり、3箱になっています。たしかに鼻セレブティッシュのような箱の高さがあるティッシュを6箱以上持つとなると身長の低い方は地面にティッシュの箱がついてしまう可能性が高いです。おそらくは鼻セレブの場合は3箱で598円と高額ですので費用面でも3箱になっていると思いますが。

昔のティッシュは5箱で598円という相場でした。現在安いものでは200円をきるティッシュもあるので相場が下がっていますね。

5箱ティッシュの製造について

5箱ティッシュですが当時は販売店や弊社のような紙問屋がひもで縛ったり、袋に詰めたりしていました。いま思えば非常に手間のかかる作業でしたが当時は当たり前でした。しかしながらメーカーがビニールで梱包することになりいまの5箱セットが完成しました。

3個セットティッシュもあるんです

鼻セレブ以外にも3個ティッシュもメーカーは製造しています。これらのティッシュは小売店では見かけませんが粗品や景品での需要があります。3個セットの場合は5箱に比べて安価なので配るティッシュとして人気があります。

安価であり3個ティッシュは持ち運びも楽なので粗品や景品で人気があるようです。