両更クラフト包装紙のハトロン判は雑貨や割れ物を包む包装紙です


茶色系の包装紙です。大きなものを包んだり、割れ物を包むときに使われます。

 

浜田紙業倉庫にパレット単位で在庫している包装紙です。

 

両更クラフト包装紙です。

浜田紙業の在庫・販売商品です。

両更クラフト紙とは

封筒や紙袋等で使用されている茶色系の紙となります。最近ではインターネット通販で商品を発送する際の隙間や緩衝材として使用されることも多い万能な包装紙クラフト紙です。クラフト紙という愛称で広く世間に広まっています。

なんで茶色なの?

紙はそもそもパルプからできています。パルプは植物木材の繊維からできておりもともとは茶色系なのです。茶色のパルプに薬品を投入して白色にしているのがコピー用紙やチラシの紙となります。コピー用紙やチラシの紙は印刷の精度(紙の厚さを均等にする)を上げるために薬品を投入し白色にします。印刷の制度は上がりますが紙の強度は落ちてしまいます。そもそも印刷用ですので紙の制度が落ちても問題はありませんが。
両更クラフト紙は薬品を投入せず茶色のパルプのままクラフト紙として製造します。薬品の投入がないため紙の強度を保ったまま作ることができます。上質紙やコート紙に比べてザラザラした感触があります。更紙という緩衝材向きの紙もあります。したがって包装紙や緩衝材に向いている紙になっていくのです。両更クラフト紙は未晒しクラフトとも呼ばれることがあります。つまり薬品に晒す前の紙「未晒しクラフト紙」ということになるとのことです。
クラフト紙で印刷ももちろんできます。ザラザラした感触やナチュラルな出来栄え、他社との違いを生み出したチラシを作りたいなど様々なご希望があります。

 

販売サイズについて

54kg(1000枚で54kgという意味です。紙の厚さを表します)

75.5kg

〇全紙900mm×1200mm ハトロン判

 

〇600×900mm

 

〇600×450mm

 

 

 

〇最低ロット250枚~

〇お客様のご要望に応じたサイズに断裁します。

 

 

用途は?

茶色系の包装紙です。大きなものを包んだり、割れ物を包むときに使われます。

茶色系の包装用紙です。

雑貨屋・ホームセンターで

コップやお皿など、

割れものを購入したときに

ガラスが割れないように

商品を包み込む紙として

使用されています。

緩衝材として利用されることが多いです。

最近では

インターネット通販の

詰め物紙としても注文があります。

ダンボールを開けたときに

新聞紙よりもクラフト紙の方が清潔感があり、

お客様の評判も良いです。

封筒用紙としても利用されている用紙です。

 

通販では600㎜×450㎜の両更クラフト紙が人気です。

画像をクリックすると

商品詳細ページへ移動します!

 

 

 

 

業務用の両更クラフト紙について

浜田紙業は工場などで使用する業務用の両更クラフト紙も取り扱っております。特注品で機械や大きな部品を包むときに使用される包装紙です。1800㎜×1200㎜とかなりの大きさです!

 

 

詳細は画像を

クリックしてください!

 

加工断裁例

浜田紙業では

日本全国にある有名小売店に

包装クラフト紙を販売しています。

サイズの希望がある場合はご相談ください。

断裁機で裁断後発送できます。

 

 

全紙の発送例!

①今回は全紙900mm×1200mm ハトロン判で発送します。

→断裁機にてお客様のご要望に応じたサイズに裁断できます。

クラフト紙を開封します。かなり大きいです

②三つ折りにします。ずれないように慎重に行います。

包装紙がずれないように慎重に三つ折りにします。きれいに三つ折りにできました。

③1枚目の包装用紙でクラフト紙を包みます。

きれいにしわを伸ばします。一度包みます

④2枚目のクラフト用紙で厳重に包みます。

厳重に2枚目のクラフト用紙で包みます。きれいにつつみます

⑤最後に「取り扱い注意シール」を貼ります。

仕上げに厳重注意シールを貼ります。

☆こうして全国各地に発送されます。

包装紙としての

需要が多いクラフト紙ですが、

今後インターネット通販の

需要が伸びるに従い、

個人のお客様からの

需要が高まると予想されます。

 

 

 

気になる方はお気軽にご相談ください。