【事例紹介】神奈川県の印刷会社に大王製紙の感圧紙をオーダーカットして納品しました

神奈川県の印刷会社さんにて定期的に注文頂いている感圧紙です。

感圧紙とは裏写りする紙の事で伝票やチェック表、請求書などで使用する特殊な紙です。

感圧紙のカットです

今回はオーダーサイズにカットを行なった感圧紙の事例紹介です。

お取引の流れ

今回もホームページを通じてのお問い合わせです。

浜田紙業は石川県に所在地がありますがWEBを通じて全国のみならず海外のお客様ともお取引があります。

お問い合わせフォームはページの下記に記載があります。

電話等でも対応が可能です。

お見積り→入金確認後の発送→納品

このような流れです。

感圧紙のカットについて

大王製紙のマイクロペーパーです

感圧紙ですが今回はA判(880×625mm)の紙を指定のサイズにカットします。

上紙(上に敷く紙)

中紙(真ん中に敷く紙)

下紙(下に敷く紙)

です。

浜田紙業の断裁機です

浜田紙業では自前の断裁機があります。

断裁機を使用することによって自社でオーダーサイズの紙のカットができます。

大きな倉庫があるのでA判の状態で紙を仕入れし自社で断裁加工を行ない印刷会社へ納品しています。

感圧紙のカットです

今回のサイズです。300×200mmという指定サイズがあるのでオーダー通りカットを行ないます。

また、紙には流れ目が存在しているので印刷会社と流れ目を確認したうえでカットします。

感圧紙の梱包について

感圧紙の梱包

上下にダンボール板をあててワンプと呼ばれる撥水加工のしてあるクラフト紙で包装します。

今回は神奈川県のお客様なので福山通運にて発送です。

輸送中にトラブルが起きないように2重にクラフト紙を巻きました。

石川県内の場合は浜田紙業のトラックで自社配送するのですが遠方の場合は契約している運送会社を使用します。

取り扱い注意シールを貼ってお届けします。

発送について

今回はお客様のご要望もあり、6個口にした商品を発送しました。

フォークリフトやパレットの引き取りが可能な印刷会社にはパレット配送も行なっています。

パレット配送のメリットは、商品に万が一の破損等が少ないことが挙げられます。

ダンボールや包装紙を巻いての発送の場合はどうしても破損のリスクが高くなるので浜田紙業ではある程度まとまった印刷用紙の場合はパレット配送をお勧めしています。

印刷用紙カットについてよくある質問

Q 浜田紙業がメインで扱っているメーカーはどこですか?

A 印刷用紙関係は大王製紙をメインで扱っています。その他中国のユニバーサルペーパーや王子製紙の紙も扱いがあります。

Q 日時の指定はできますか?

A 国内倉庫であれば日時の指定は可能です。(日・祝日を除く)

Q 遠方ですが運賃はどうなりますか?

A オーダーカットの場合は別途法人運賃がかかります。A判や四六判などカットの必要がない場合は全国にある物流倉庫から運賃元払いでの発送が可能です。一度お問い合わせ頂きサイズやロット数に応じて対応します。

Q 取引の流れを教えてください。

A 問い合わせ⇒見積り兼請求書⇒入金確認後の発送です。

 

感圧紙について知りたい方は下記をご覧ください。

下に写る紙の名前は複写用紙のノーカーボン紙、カーボン紙と言います。裏写りする仕組みや歴史について調べました。