イカを包む専用包装紙にはホワイトパーチ紙が耐水性、吸水性があり使いやすい


イカのためのイカす紙を発見しました。白色のイカ専門ホワイトパーチ包装紙ですが耐水性と吸水性に優れており実際に使用してみたところ驚くほど使い勝手の良い紙だということが分かりました。

イカをキッチンペーパーやペーパータオルで包んだ時にこんなことありませんか?

〇水に濡れると紙が破れる

〇凍らすと紙がイカにくっついてとれなくなる。

〇柔らかくて使いづらい

などなど

しかし下の写真にもあるようにイカ用ホワイトパーチは水濡れに強く、耐水性があり、破れない紙なのです。イカの薄皮がくっついても紙が破れません。

イカの包装紙です

〇イカの包装紙を探している。

〇イカの調理をすることが多い。

〇イカが好きだ

などなど実際にイカ用のホワイトパーチ紙を使って実験しました!

イカ専用包装紙ホワイトパーチとは?

イカ専用ホワイトパーチ

イカ専用のホワイトパーチですが真っ白の紙で清潔感があります。イカから出るドリップや滑りを程よく緩やかに吸収することが可能です。また耐水性があり巷で売っている耐水紙と呼ばれる紙に比べてホワイトパーチは3倍の耐水性(濡れても破れにくい)があります。(ホワイトパーチ紙のウェットドライ比についてですが適度のサイズ度とWS強度を付与耐水強度Wet/Dry比 30%以上となっております。巷に売っているような耐水紙はWet/Dry比はおよそ10%程度なので比較すると3倍以上の強度を誇る紙です。)

ホワイトパーチ紙の特徴について

実際に触ってみると分かるのですが紙がパリッとしています。紙がパリッとしていて破れにくく白色のため清潔感があります。普通の紙より少し集めのパリッとして特殊紙です。

ホワイトパーチ紙の効果は?

ドリップや水分を緩やかに吸収することはもちろんのこともちろんのこと耐水性に優れているため多少濡れても破れることがありません。下の写真はホワイトパーチ紙で包んだイカです。

イカ専用包装紙です

イカについている薄い黒い皮が紙にくっついてもホワイトパーチ紙は破れることなくドリップや表面についた水分を吸収している様子が分かります。

下の写真はキッチンペーパーを使用して水分を取ったり巻いたりしたときの様子です。

ホワイトパーチ紙の効果です

やはりキッチンペーパーやペーパータオルは水分をよく吸収するのですが耐水性に優れておらず紙がすぐに破れてしまいます。紙が破れてしまうと後処理をするときに何かと面倒なのです。水分を吸収する反面、破れるのは厄介ですね。

イカは薄い皮が紙にペッタリとくっついてしまうので耐水性のある紙を使うと良いでしょう。

イカ専用ホワイトパーチの使い方は?

実際にイカを捌きながらホワイトパーチを使います。まずは買ってきたスルメイカを処理します。処理方法についてはあまりこだわっておらず足をちぎって内臓を出して水分を拭き取っていきます。

イカの後処理をします

まずはイカの足と胴体を離します。やり方についてはYOUTUBE等にも載っていますのでそちらをご参照頂いても構いません。

イカの内臓を取ります

イカの内臓を取ります。イカには寄生虫がいるのでしっかりとって水洗いすることが必要です。目ん玉をつぶしてしまいイカ墨が出てきました。調理中の服に注意です。

イカの水分を取ります

イカの水分をとります

ここではキッチンペーパーを使ってイカの水分を拭き取ります。身体の部分は開いて中の水分をとってしまいましょう。足の部分もペーパータオル等できれいに水分を取りましょう。かなりイカの水分がとれました。

ここでイカ専用ホワイトパーチの出番です。

イカの包装紙です

イカを包装紙してクルクル巻きます。上の写真を見てわかるようにドリップが吸収されている様子がわかります。イカには水分が含まれているので水分を拭き取っても出てきます。

イカの保存について

イカを冷凍します

ホワイトパーチで巻いたイカを冷蔵庫に入れました。果たしてどうなるのか?

イカです

ホワイトパーチとペーパータオルとビニールに入れたイカをそれぞれ冷凍庫に入れました。自然解凍後、実際に取り出したところ紙によって違いがありました。

ホワイトパーチの場合

紙に耐水性があるのでドリップを吸収して水に濡れていてもイカからホワイトパーチ紙を剥がすときに余り破れることなく紙をイカから取り外すことができました。やはり使いやすいです。

ペーパータオルの場合

ドリップを吸収するもののイカから取り外すときに紙が破れてしまいました。紙が弱いので致し方ないかと。

イカの匂いです

そして匂いですが、ペーパータオル、ホワイトパーチ紙で包んだイカは匂いがなかったのですが、ビニールで保存したイカは生臭いにおいが残っていました。これは匂いの元になるドリップがビニールの場合吸収されずに残っているからです。これほど匂いに違いが出るとは思いませんでした。

イカの刺身です

イカ焼きです

イカにはアニサキスがいると言われており冷凍したら死滅するのですが今回は念のため焼いて食べ比べてみます。

イカを食べます

食べたところやはり味に違いがありました。紙で包んだイカの方がもっちりとした味わいがあり、保存方法で変わるのだなということを改めて実感しました。

ホワイトパーチ紙サイズについて

イカ包装紙ホワイトパーチの通販です

ホワイトパーチの半切です

その他にも浜田紙業にある自社断裁機にてお客様のご要望に合わせてカットが可能です。

イカ包装紙の厚さについて

紙の厚さですが24.8キロになります。紙の厚さは大きな四六判サイズ1000枚の重量で表されることが多く、厚さ24.8キロというと薄めの紙に分類されます。薄いのに耐水性があり破れにくいので非常に使い勝手が良いのです。

使用したお客様のお声

〇キッチンペーパーでイカを包んでいたのですが冷凍したり濡れたりすると紙がビリビリになってしまった。しかしながらイカ専用ホワイトパーチ紙を使うことで水に濡れても破れない。

〇紙がパリッとしていて使いやすい。

〇白色なので清潔感があって良い。

〇水分を吸収してくれるのに破れないのがありがたい。

〇魚にも使えた。

〇これはいい。

よくある質問

Q イカ以外にも使えますか?

A 魚や肉にも使えます。

Q 耐油性はありますか?

A 耐水性に特化した紙です。耐油性はなく疑似パーチメント紙と呼ばれています。詳細はこちらの記事をご覧ください。

パーチメント紙とは羊皮紙を模して作られた紙です

Q キッチンペーパーとの違いは何ですか?

A 一番大きな違いは、濡れても紙が破れない点です。もう一点は紙のケバケバした感じがホワイトパーチの場合は出ません。表面がつるつるした特殊な紙です。

Q 個人でも購入が可能ですか?

A もちろん可能です。直接の問い合わせもしくは下記の販売ページからも購入できます。

販売について

Q どのようにして購入すればよいでしょうか?

A ページ下部の浜田紙業の販売サイトもしくはアマゾン、楽天、ヤフーショッピングから販売が可能です。

ホワイトパーチの販売です

ホワイトパーチ紙の販売です