ジムニー車中泊用マットにダンボールシートを敷きました。軽くて丈夫なので車中泊ライフにおすすめです!

カスタムしたジムニー

浜田紙業の西山ですがジムニーに乗っています。

今回で3台目なのでジムニーに非常に詳しいです。

写真の通りカスタムもしています。(写真は広島県のジムニーショップで撮影です。インスタで紹介されました。ありがとうございます。)

今回の記事は最近流行っているキャンプや車中泊用途でダンボールシートを有効活用した事例です!

ジムニー車内を快適にできるようダンボールシートを使用して新製品を使ってみました。

ジムニー車中泊用ダンボール

車中泊用に浜田紙業が販売している大きなダンボールシートを加工し車内に敷きました。

車内にダンボールシートを敷くことで車の凹凸を感じません。

このダンボールシートは3層タイプで厚みが1.5㎝もあります。

厚みがあるので強度はベニヤ板並なのですが、紙なので非常に軽量です。

軽量のため運びやすく女性一人でも持ち運び可能です。

ダンボールの計測

試作制作中です。

まずは車内の寸法を測りダンボールシートをカットします。

ダンボールシートですが厚みが1.5cmあるのでカッター等でカットします。

厚みがありますが紙なので加工も簡単です。

大量生産となると工場機械を使用して一気に作ることも可能です。

車内にダンボールシート

実際にカットして寝転んでみます。

ダンボールは意外と暖かくてなおかつ平らなので寛ぐことが可能です。

ジムニー車中泊車内

ダンボールの上に布やクッション等を敷くことでより快適なジムニーライフが送れそうです。

今回のポイントですが助手席です。

助手席にダンボールシートです

助手席シートを倒すと凹凸が出てしまうので写真のようにダンボールシートを加工します。

助手席シート部分には写真のように箱やクッション等を置くのが良いと思います。

試作段階ですので今後も追記していきます。

動画にまとめてみました。

 

注意事項

・紙なので圧力がかかるとダンボールの表面に跡がつきます。

・ダンボールの端で手を切ることがあるのでご注意ください。