グラシン紙はラッピングやクッキングシート薬包紙などの用途で使われています


グラシン紙の仕入れや販売は浜田紙業まで

グラシン紙の通販サイトです

グラシン紙とは薄葉紙に分類される薄くて光沢のある紙です。意外とニーズがある商品です。今回はパンやお菓子の敷き紙として使用されるグラシン紙について解説します!

グラシン紙とは

グラシン紙は紙に光沢感や高級感があるためパンやお菓子の敷き紙として使用できます。滑らかな紙で耐油性耐水性のある紙です。ラッピングや、クッキングシート、薬包紙など様々な用途があります。

どうやって作っているのか?ウィキペディアにはこんな記述があります。

長時間、細かく叩解した亜硫酸パルプを原料とし、スーパーカレンダー(Supercalender)という平滑なローラーを使って高圧加工する。この過程で、パルプの繊維は圧縮・平滑化され、隙間を失う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

特殊な紙です。パルプの繊維を圧縮とあります。実際に触ってみると紙の密度が非常に高く全く隙間がないといった状態です。

グラシン紙のサイズは

グラシン紙のサイズです

1016×762mmの四六全判サイズです。かなり大きなサイズですが断裁機にてご希望のサイズに断裁して発送することが可能です。

グラシン紙の価格は

全判サイズ500枚で8800円(税別)です。別途配送料がかかります。希望サイズがありましたらお気軽にお問い合わせください。断裁加工を行ないます。

 

今後グラシン紙について追記を行なっていきます。こうご期待!