倉庫のコンクリート床のひび割れや欠け穴補修にはアサヒペンの床用ひび割れ補修材が使えます


コンクリートのひび割れ補修です

倉庫内のひび割れ補修をしました。浜田紙業(株)は紙の問屋でティッシュやトイレットペーパー印刷用紙など大きな荷物を倉庫に在庫しています。よって倉庫も広いのですがコンクリートの床がひび割れることがあります。

浜田紙業(株)の倉庫です

倉庫内の様子です。様々な商品がパレットで保管されています。

コンクリート補修材です

今回はこちらのアサヒペンの床用ひび割れ補修材を使用しました。ホームセンターにも売っている商品です。

コンクリート補修作業です

補修材を流し込みます。

欠け穴です

このように欠け穴の場合はコンクリート補修材を流す前に石ころを詰めると補修材節約になります。石ころは浜田紙業(株)の駐車場に落ちていたものです。

欠け穴には砂利です

コンクリート補修材です

完璧に穴がふさがりました。

コンクリートのひび割れ補修です

ひび割れは放置するとどんどん割れがひどくなります。浜田紙業では倉庫内で必ずフォークリフトを使用しているので万が一の事故に備えてその都度補修作業を行なっています。安全第一で歩んで参ります。

きれいに長く使えるように補修していきます。

浜田紙業の会社概要はこちらです

会社HPはこちらです(メーカー直送、大量注文に対応します)

通販サイトはこちらです(個人様向け商品や法人さま大量注文サイトです。クレジット、アマゾン、楽天など多様な決済方法に対応しています)