鼻セレブティッシュが甘い理由を調べてみた


鼻セレブが甘いという噂を聞き早速会社にあった鼻セレブをぺろりと舐めてみると確かに甘い。

鼻セレブが甘い

弊社浜田紙業は王子ネピアの正規代理店で紙の専門家を目指しているのでこれは調べねば。なぜ鼻セレブが甘いのか調べました!!

☆注意!!

食べ物ではないので絶対に口に入れたり食べたりしないでください!

王子ネピアのメーカーサイトにも下記の記述があります。

ティシュペーパーは食品ではありませんので、積極的に口に入れたり、食べたりしないで下さい。

☆ネピアHP

ネピア鼻セレブティッシュなぜ甘いのか検証してみた

確かにぺろりと舐めてみると甘い鼻セレブティッシュですがメーカーサイトにこのような記述がありました。

「鼻セレブティシュ」には保湿成分としてソルビットが含まれています。ソルビットは果実や海草類などに含まれている天然の甘味成分です。ソルビットは植物からとることもできますが、現在では合成の技術が発達して、じゃが芋やとうもろこしのでん粉を加水分解したブドウ糖を原料に量産されるようになりました。純粋なものは白色、無臭の粉末で、甘味、吸湿性があり、水に容易に溶けることから、食品の甘味料、保湿剤、柔軟剤などに幅広く利用されています。

☆ネピアHP

鼻セレブティッシュに保湿性を加えるために「ソルビット」という甘味成分を含めるということが分かりました。もう少し調べてみるとウェザーニュースに王子ネピア(株)の社員さんへのインタビュー記事がありました。一部抜粋します。

「保湿ティッシュがしっとりしているのは、グリセリンとソルビットという保湿力の高い美容成分をティッシュに染み込ませてあるためです。

グリセリンは空気中の水分を取り込む性質をもっていて、このおかげでティッシュの柔らかさが保てます。また、ソルビットは取り込んだ水分をティッシュの中に閉じ込めるキープ力があるので、グリセリンが取り込んだ水分をソルビットがキープしています。さらに、スクワランという化粧品などにも使われている保湿成分も配合しているのでしっとりした柔らかさを保てるのです」

ウェザーニュースより引用:https://weathernews.jp/s/topics/201904/090205/

王子ネピアの社員さんの話ということもありこれは信頼性が高いですね。ソルビットは甘味成分が含まれており、グリセリンは空気中の水分を取り込みティッシュの柔らかさを保てていることが分かります。保湿ティッシュにはメーカーの様々な努力があってこそのふんわり柔らかキープがあったのだということが分かります。その他にも同じニュース記事にこのような記述があります。

「鼻セレブは空気中の水分を取り込むことでしっとりとした風合いを保っています。しかし、直射日光の当たる場所や極端に高温になる場所などに長時間放置すると、ティッシュの中に取り込んだ水分が蒸発し、風合いが劣る原因となってしまいますので、そういった場所を避けて保管していただきたいです。

ウェザーニュースより引用:https://weathernews.jp/s/topics/201904/090205/

これは保湿ティッシュに限った話ではないですがティッシュやトイレットペーパーなどの紙類は直射日光で変色したり、紙がパサパサになり劣化してしまうことがあります。夏の暑い日に車のダッシュボードにティッシュを置いたままにしてティッシュが変色又は乾燥してパサパサになったことはないでしょうか。ちなみにですが紙の歴史は保存状態が良いと何百年も保存が可能です。使用期限がありません。そのあたりの記事はこちらにまとめています。

ティッシュやトイレットペーパーなど紙の消費,使用期限や寿命はあるのか調べてみた

ソルビットについて深掘りしてみた

ソルビットについてもうちょっと調べてみると、こんな記述がありました。

ソルビットはナナカマド(山いちごの一種)の実から結晶として取り出されたのが最初です。現在のソルビットは、じゃが芋やとうもろこしの澱粉を加水分解したブドウ糖を原料にしています。
甘くて吸湿性のある白い粉末なので、この特性を生かして、甘味料、保湿剤などとして使われています。

紀文HPより引用しました

https://www.kibun.co.jp/contact/faq/seibun/faq203.html

あまくて吸湿性があると書いてありますね。また、その他の記事を調べてみると化粧品等にも使われており幅広い用途があることが分かります。まさかティッシュにも使われているとは意外ですね。最初に考えついた保湿ティッシュの開発者はすごいですね。

まとめ

鼻セレブティッシュが甘い理由を調べてみると色々なことが分かりました。保湿性をアップするために甘味を含んだ成分が含まれていることが分かりましたが再度確認です。絶対に食べないでください。

今後もティッシュやトイレットなどの紙製品や紙の「なぜ?」や実験の結果を検証しこちらのページにアップしてきます。