なかなか捨てられず残しておきがちな紙袋でブックカバーとティッシュケースを作ってみた!

こんにちは!浜田紙業(株)の的場です(^-^)

突然ですが皆さん、お店でコスメや洋服、雑貨などを買った時にもらえる紙袋はどうしていますか?

デザインが可愛かったりするとなかなか捨てられずとっておいてしまいませんか?

私は、可愛い紙袋は捨てられず残しておきますが、ほぼ使うこともない。という状態です(笑)

本日はそんなつい残しておいてしまう紙袋のリメイク方法を2つご紹介いたします!!

 

 

“ブックカバー”

①紙袋と本を用意します。

※紙袋は、本を置いたときに上下に余りがある大きさのものを用意してください。

②紙袋のつなぎ目を見つけて開き、使用する面を残して切ります。

持ち手も切り、内側に埋め込まれている部分も切って取り除いて下さい。

③切った紙袋の上に本を置いて、上下の余った部分を折ります。

④紙袋の左右を本に添わせながら片方ずつ折り、

本の左右を挟みます。

ブックカバーの完成です☆彡

ロゴがしっかり見えるように調整するといい感じになります!!

※内側ではありますが、紙袋の破れた部分が気になる場合は、

もう少し大きめの紙袋を使用する方が良いです。

裏面でもう1つ作れますね!!

 

 

“ティッシュケース”

①ボックスティッシュが入る大きさの紙袋と

商品を買った時に付いてくるリボンを用意してください。

(写真にリボンを写すの忘れましたごめんなさい...^^;)

ティッシュケース

②紙袋の二重になっている部分は使わないので切ります。

ティッシュケース

※縦に四ヵ所に切り込みを入れてから切ると切りやすかったです。

ティッシュケース

③縦に2~3cmくらい四ヵ所切り込みを入れ、長い辺だけ内側に折り込みます。

ティッシュケース

ティッシュケース

④↓写真のように上3分の1あたりに向かって斜めに切ります。

ティッシュケース

⑤ボックスティッシュを中に入れ、のところに穴を開けます。

ティッシュケース

⑥穴を開けたところに上からリボンを通して、

ティッシュケース

ロゴが見えるように結びます。

※私はリボンの長さが足りなくて蝶々結びが出来ませんでしたが、

長さがある場合は、蝶々結びした方が絶対に可愛いです!!

ティッシュケース

ティッシュケースの完成です☆彡

可愛くて捨てられなかった紙袋がティッシュケースに大変身!!

ティッシュケース

 

 

紙袋のリメイクはいかがでしたか?

捨てられず溜まっていくだけの紙袋が簡単にお家で使えるものになります!!

今回は家にあるものだけで作れるものをご紹介しましたが、

百均で材料を揃えれば、ポーチや小銭入れ、エコバックやランチバックなど

もっともっと作れるものが増えます!!

 

紙袋はまだまだあるのでいろいろなものを作ってみたいです(o´艸`)