中村製紙のトイレットペーパーソフトとハードタイプの違いについて実験してみた


中村製紙さんのトイレットペーパーソフトとハードですがどちらも様々なところから問い合わせのある良いトイレットです。

お客様よりソフトとハードって何が違うのですか?と質問がありました。実際に手に取って見ると紙質や厚みなどに違いがありました。

中村製紙トイレットペーパーソフトハードについて

中村製紙トイレットペーパーソフトとハード

中村製紙のトイレットペーパーソフトとハードは青色の紙包装です。紙包装のデザインは似ていますね。巻き数やケースの入り数は同じで90mの大容量100個入りです。かなり重いので男性が運ぶのが良いです!

中村製紙のトイレットです

ケースも似ていますね。左上に「ハード」「ソフト」と書いてありますがケースは似ています。浜田紙業では間違えないように別の場所にてパレット保管しています。

ソフトの特徴について

中村製紙のソフトです

ソフトを実際に触ってみました。ソフトというだけあり柔らかい触り心地です。個人的な感想ですがスベスベしています。

実際にお客様からは

古紙パルプのトイレットペーパーをあれこれ試しましたが、今のところコレが一番気に入っています◎
古紙で巻が長いのに柔らかい。個包装も可愛くて好きです。マイナスポイントは置き場を取ることですかね。その代わり買いに行く手間が省けますが。
ピュアパルプに慣れている人は満足しないかもしれませんが、環境に配慮して古紙パルプのトイレットペーパーを箱買いしている方にはおすすめします。私はとてもよい製品だと思います。

 

巻き数も多く、使用感も文句なし、末永く使用ていきたい。

 

こちらの!商品を初めて!購入致しました。また、使ってないのて、どんな物❓か❓わかりません。紙質!柔らかいです。今まで…ダブルを使用していたので…シングルには、ちょっとなれませんが、使いやすいです。有り難う御座いましたm(__)m

などなどサイトのレビューには好意的な意見が非常に多くあります。再生紙なのですがソフトでなおかつ巻き数が長いです。そして再生紙ですのでエコという点が人気なのだと考えられます。

ハードの特徴です

中村製紙トイレットペーパーハードです

こちらはハードタイプです。エンボス加工というトイレットペーパーにブツブツがあります。エンボス加工をすることによって吸水量がアップします。実際にハードタイプを触ってみたのですが、ハードと聞くとソフトに比べて固いといったイメージがありました。しかしながら固いというよりかは厚いトイレットペーパーという言葉がぴったりです。

厚みがあるのでゴシゴシ拭いても大丈夫という印象です。

ちなみに弊社のサイトでは中村製紙のハードトイレットペーパーはこんな謳い文句で販売しています。

中村製紙トイレットペーパーハードタイプです

ハードトイレットペーパーは企業様のみならず個人のお客様からの引き合いが多い商品です。

ハードとソフトの違いについて

ハードは厚い紙でソフトは文字通り柔らかい紙です。

また、中村製紙のトイレットペーパーに関してはハードにはエンボス加工があります。

市場の流れとしてソフトタイプのトイレットペーパーを使用する方が多く、実際にメーカーもほとんどがソフトタイプのトイレットペーパーを製造しています。しかしながらハードトイレットペーパーを好んで使用している人も多く、浜田紙業(株)のショッピングサイトでもハードトイレットペーパーは意外と売れています。

 

👇👇👇👇👇👇👇👇

 

浜田紙業のショッピングサイトです!