星稜VS鵬学園の高校野球石川大会準決勝!


朝は、セミナーへ。

 

その後

 

星稜VS鵬学園の試合のため

 

石川県立球場へ。

 

少し遅れて2回から

 

3-1で星稜リード

 

星稜寺沢投手良いピッチャーだったが、

 

(寺沢投手の昨年の夏甲子園の済美戦は痺れました。)

 

鵬学園の2番手小池田投手も非常に良かった!

 

星稜奥川・山瀬バッテリーと宇ノ気中のチームメイトとのこと。

 

全中優勝メンバーってことか

 

いろんなご縁がありますね。

 

試合ですが序盤は星稜優勢

 

星稜サードの知田選手

 

ホームラン打ったけど

 

守備が本当に安定しています。

 

見習いたいものです。

 

一歩目早くて送球も安定している。

 

注目の奥川投手は、

 

イニング合間のキャッチボール・スタメンに声掛け、グローブを届けるなど

 

献身的でした。見てて気持ちの良いものです。

 

鵬学園は、応援が素晴らしい!

 

ブラスバンド・在校生の皆さん・保護者が一体となって応援していて

 

何故か私も熱くなりました。

 

選手のがむしゃらさが伝わります。

 

 

そして試合ですが

 

星稜リードでしたが

 

鵬学園の猛攻で

 

 

1点差になった時点で奥川投手がリリーフへ

 

まさか投球見れるとは思っておらず

 

プロに行く投手を生で見れました。

 

初球いきなり

 

151キロ

 

はやー

 

しかし鵬学園の打者は

 

くらいついていました。

 

スタンドと選手が一体となって、

 

なんと逆転したのです!

 

ファーストコーチをしていた選手が

 

急遽代打で呼ばれ

見事に2ベースで逆転

 

しびれました。

 

星稜アルプス側は「うそだろー」といった感じ

 

星稜もしや

 

と思いましたが、今日は打者奥川もすごかった。

 

逆転された7回裏からすぐの

 

8回表

 

奥川選手の場外ホームランで同点。

 

 

追い風にも乗って

 

場外までいきました。

 

その後は延長戦でしたが

 

両チームの選手

 

足攣る選手がいたけど

 

チーム関係なく救助に行く姿が良かったです。

 

最後に決めたのも

 

打者奥川選手。

 

2ランホームランを放って

 

守って試合を締めました。

 

試合後の両校エール交換も良かった。

 

鵬学園は

金沢高校で何度も甲子園に行った

 

浅井監督が率いています。

 

鵬学園は非常に良いチームで

 

スタンドの保護者・在校生の一体感が本当にすごかった。

 

近い将来甲子園に行くような気がします。

 

頑張れ鵬学園!

 

 

 

やはり高校野球は面白い。

 

会社HPなので一応PRを(お許しください。ネット担当は高校野球が大好きなのです。)

 

浜田紙業の

 

→会社紹介ページはこちらから←